日進から傷害事件の起訴について相談ができる弁護士をお探しの方へ

  • 近場の警察から実父が刑事事件を犯してしまったと知らされました・・・
  • このまま留置施設にいる子どもは刑務所行きになってしまうのですか?
  • 日進市で父が傷害事件の容疑で身柄拘束中である・・・

日進で身内が事件を起こしたと疑われ警察に身柄を拘束された・・・
そんな場合はどう対応するのが最適なのでしょうか?

対処を誤って打つ手が無くなる前に、早く傷害事件と刑事事件を主要業務として取り扱うアトム法律事務所の弁護士に相談です。

有罪で前科がついたら、ましてや刑務所行きになってしまったら、その後の社会復帰は非常に苦労しますね・・・。

  1. すぐに釈放してほしい
  2. 被害者と示談を結びたい
  3. 前科がつかないようにしたい

アトム法律事務所は、このようなクライアントの困りごとに合わせた最適な弁護活動を実施します。

スマホやPCで手軽に無料相談

24時間つながる電話予約案内やどこでも利用可能なLINE法律相談で、緊急の心配にもスピーディーに応じます。

傷害事件事件への対策は時間との戦いです。

早急な不起訴釈放に向けた活動が、その後の暮らしのカギを握ります。

弁護士あり 弁護士なし
警察対応 弁護士に一任 自力で行う
釈放・不起訴 可能性上がる 可能性下がる
※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。