東京都の傷害事件を弁護士に相談

豊島区の傷害事件の相談例

〇傷害事件で刑罰を科せられてしまいそうな方
〇ご家族・ご本人が東京都豊島区で傷害の加害者になってしまった方
〇巣鴨警察管内の傷害事件を弁護士に相談したい方

このような傷害事件の加害者側の方の相談・依頼を受け、不安を解消いたします。

昨夜料理屋周辺でケンカの張本人となり、顔なじみでない相手に加療3か月の胸郭出口症候群を負わせた疑いで、巣鴨の警察署から呼び出され根掘り葉掘り聞かれました。このままだと私は前科者になってしまいますか。ご教授お願いします。

豊島区の相手を怪我させた事件であればアトム法律事務所の新宿支部で相談できます。警察に呼び出された事案は30分の無料相談が可能です。

今のうちに解決に向けてすべきことはありますか?仕事先にばれたらクビになってしまいます!私は占いが道楽のそこらへんにいそうな娯楽場等の接客員なんです。

今のうちに解決に向けてすべきことは、クライアントに即時に対応できる専門家の弁護士に依頼することが重要です。まずは無料の来所相談やLINE相談で弁護士に相談してみましょう。

はい。いますぐ相談したいので、まずはフリーダイヤルにかけてみます。

不当な捜査を阻止したい方、前科を避けたい方へ

豊島区の傷害と起訴猶予でお悩みの方に向けて。

刑事事件は時間との勝負です。一刻も早く刑事事件の専門家である弁護士に相談することで、不当な捜査を阻止できたり、前科を避けられる可能性が高まります。

傷害事件では被害者から厳罰を望まない旨の嘆願書を得ることができれば不当な捜査を阻止できる可能性や前科を避けられる可能性が上がります。

しかし、一般の方が示談をするのは、脅迫行為と勘違いされることがある、などの事情で非常に困難であるため、速やかに弁護士に相談し弁護活動を依頼することが示談書を得るためには重要になります。

東京都の傷害事件でお悩みなら

アトム法律事務所新宿支部の情報

  • 巣鴨警察署管轄区域で起こした刑事事件
  • 豊島区にお住まいの方の傷害と起訴猶予の相談事

以上の事件のご相談や弁護活動は、アトム法律事務所では、新宿支部の弁護士が担当しています。(事案によって担当支部が異なる場合がございます)ご相談者やそのご家族が豊島区で逮捕されてしまった場合、アトム新宿の刑事専門弁護士を出張させることもできます。

巣鴨警察署の場所は公式サイトをご覧ください。

所在地 東京都新宿区西新宿1-13-8
最寄駅 地下鉄「新宿」徒歩2分
JR・私鉄「新宿」徒歩3分
電話番号 0120-631-276(24時間365日、専属スタッフ対応)
相談料金 初回30分の無料相談あり(詳しくはお電話ください)

※このページの内容は2016年7月時点の情報です。

傷害と起訴猶予で参っている方は以下の記事もあわせてどうぞ。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。