逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
傷害・暴行事件で逮捕されたらATOM

2017年7月13日に改正刑法が施行され、強姦罪・強制わいせつ罪に関して、大きな変更がありました。詳しくはこちらをご覧ください。

傷害・暴行行為で警察沙汰になった時

何をどうすればいい? 逮捕されたらどうなる?
刑務所行きになってしまう? 被害者と示談できないか?
bengoshi_p1

じめまして。アトム法律事務所の代表弁護士の岡野武志と申します。このページをご覧の方は、何らかの形で傷害・暴行事件に関与してしまってお困りの方だと思います。慣れないトラブル、警察沙汰で困惑されていると思いますが、もう大丈夫です

まず、傷害・暴行事件で警察沙汰になってしまっても、不起訴処分で終わることができれば、ご相談者に前科はつきません。前科とは、有罪判決を受けたことの履歴をいい、不起訴処分で終われば、有罪判決を受けることはないからです。前科がつかなければ、その後の社会復帰がスムーズです。傷害事件の前科がない、暴行罪の前科がないということは、その後の人生において、何らかのタイミングできっと有利に作用するものと思われます。

また、傷害・暴行事件で逮捕されても、その後に勾留が決定されなければ、留置場から直ちに釈放されます。勾留が決定されないようにするためには、弁護士がついて、検察官や裁判官に意見書を提出する活動が有効です。なぜなら、勾留を請求するのは検察官、勾留を決定するのは裁判官ですが、弁護士が意見書を提出しなければ、基本的には警察から上がってきた資料だけをもとに勾留の有無が判断されてしまうからです。弁護士がご相談者に有利な事情を意見書で主張することで、当初の予定よりも早く留置場から釈放されるケースも少なくありません。

さらに、傷害・暴行事件の被害者と示談が成立すれば、刑事処分が軽くなるだけでなく、民事事件の賠償問題もすべて解決します。示談とは、法的な手続き外において、当事者間で賠償問題を清算する行為をいうからです。傷害・暴行事件では、被害者との関係がひどく悪化しているケースもありますが、弁護士が間にはいることで、示談の話し合いがスムーズに進むことも多いです。

傷害・暴行事件においては、24時間体制で無料相談を受け付けています。何か具体的なトラブルでお困りの方は、まずはアトムのLINE無料相談をご利用ください。

傷害・暴行事件でお悩みならお電話を

解決事例とお客様の声

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

傷害・暴行事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、LINEで相談窓口を設け24時間体制で無料相談を実施しています。深夜でも土日でも、ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。

また、弁護士との対面相談を受けることで、より具体的な解決方法を模索し、弁護活動のプランや弁護士費用について見積もりを知ることができます。弁護活動のご依頼は、明確で安心できる弁護士費用をご確認いただいた後、書面にて行います。

弁護活動の着手は、ご契約をいただいた即日から可能です。特に、被害者との示談の話し合いはタイミングが命です。早い段階で着手し、話し合いをスムーズに進めていくことが大切です。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

傷害・暴行行為で警察沙汰になった時

何をどうすればいい? 逮捕されたらどうなる?
刑務所行きになってしまう? 被害者と示談できないか?
bengoshi_p1

じめまして。アトム法律事務所の代表弁護士の岡野武志と申します。このページをご覧の方は、何らかの形で傷害・暴行事件に関与してしまってお困りの方だと思います。慣れないトラブル、警察沙汰で困惑されていると思いますが、もう大丈夫です

まず、傷害・暴行事件で警察沙汰になってしまっても、不起訴処分で終わることができれば、ご相談者に前科はつきません。前科とは、有罪判決を受けたことの履歴をいい、不起訴処分で終われば、有罪判決を受けることはないからです。前科がつかなければ、その後の社会復帰がスムーズです。傷害事件の前科がない、暴行罪の前科がないということは、その後の人生において、何らかのタイミングできっと有利に作用するものと思われます。

また、傷害・暴行事件で逮捕されても、その後に勾留が決定されなければ、留置場から直ちに釈放されます。勾留が決定されないようにするためには、弁護士がついて、検察官や裁判官に意見書を提出する活動が有効です。なぜなら、勾留を請求するのは検察官、勾留を決定するのは裁判官ですが、弁護士が意見書を提出しなければ、基本的には警察から上がってきた資料だけをもとに勾留の有無が判断されてしまうからです。弁護士がご相談者に有利な事情を意見書で主張することで、当初の予定よりも早く留置場から釈放されるケースも少なくありません。

さらに、傷害・暴行事件の被害者と示談が成立すれば、刑事処分が軽くなるだけでなく、民事事件の賠償問題もすべて解決します。示談とは、法的な手続き外において、当事者間で賠償問題を清算する行為をいうからです。傷害・暴行事件では、被害者との関係がひどく悪化しているケースもありますが、弁護士が間にはいることで、示談の話し合いがスムーズに進むことも多いです。

傷害・暴行事件においては、24時間体制で無料相談を受け付けています。何か具体的なトラブルでお困りの方は、まずはアトムのLINE無料相談をご利用ください。

傷害・暴行事件でお悩みならお電話を

解決事例とお客様の声

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

傷害・暴行事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、LINEで相談窓口を設け24時間体制で無料相談を実施しています。深夜でも土日でも、ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。

また、弁護士との対面相談を受けることで、より具体的な解決方法を模索し、弁護活動のプランや弁護士費用について見積もりを知ることができます。弁護活動のご依頼は、明確で安心できる弁護士費用をご確認いただいた後、書面にて行います。

弁護活動の着手は、ご契約をいただいた即日から可能です。特に、被害者との示談の話し合いはタイミングが命です。早い段階で着手し、話し合いをスムーズに進めていくことが大切です。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

アトム法律事務所ウェブサイトのご紹介

刑事事件の弁護士 ・ 比較カタログ

刑事事件の弁護士 ・ 比較カタログは、警察に呼び出された、家族が逮捕されたという状況で相談できる全国の弁護士を検索できるサイトで、刑事事件に関するお役立ち情報が満載です。アトム法律事務所の情報も掲載されています。

交通事故の弁護士 ・ 比較カタログ

交通事故の弁護士 ・ 比較カタログは、交通事故に取り組む全国の弁護士を検索できるサイトで、交通事故でお悩みの方に役立つ情報も満載です。アトム法律事務所の情報も掲載されています。