逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ

https://www.google.co.jp/analytics/terms/jp.html
https://policies.google.com/technologies/partner-sites?hl=ja&gl=JP

5. 個人情報の安全管理措置の実施

当法人は、取扱う個人情報の漏えい、滅失または毀損等を防止するため、必要かつ適切な措置を実施して、個人情報を適切に管理します。

また、当法人は、個人情報の取り扱いに関し、弁護士等および職員に対して適切な監督を行うとともに、個人情報の取扱いを委託する場合には、委託先が個人情報を適切に管理するよう監督します。

6. 個人情報の開示、訂正、利用停止及び消去等

1. 当法人は、当法人が保有する個人情報について、個人情報保護法その他の法令に基づき個人情報の開示を求められたときは、ご本人からのご請求であることを確認した上で、遅滞なく開示を行います。

(当該個人情報が存在しないときにはその旨を通知いたします。)。

2. 当法人は、当法人が保有する個人情報について、以下の各号に該当する場合には、ご本人からのご請求であることを確認した上で遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の内容の訂正または利用停止を行い、その旨を請求者に通知します。

なお、合理的な理由に基づいて訂正または利用停止を行わない旨の決定をしたときは、請求者に対しその旨を通知いたします。

⑴ 個人情報が真実でない等の理由によって個人情報保護法その他の法令に基づきその内容の訂正を求められた場合

⑵ あらかじめ公表された利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由または偽りその他不正の手段により収集されたものである等の理由により、個人情報保護法その他の法令に基づきその利用の停止を求められた場合

3. 個人情報その他の法令により、当法人が個人情報の開示、訂正等または利用停止などの義務を負わない場合は、前二項の規定は適用されません。

4. 当法人は、個人情報について消去を求められたときは、法令により消去の義務を負う場合のほか当法人が当該請求に応じる必要があると判断した場合は、ご本人からのご請求であることを確認の上で、個人情報の消去を行い、その旨を請求者に通知します。

5. 本条に基づく請求は、次条のお問い合わせ窓口に対し、当法人の定める方法にて行うものとします。

なお、本条の利用者の請求につきましては、手数料(1件あたり1,000円)を頂戴しておりますので、あらかじめ御了承ください。

7. お問い合わせ窓口

ご意見、ご質問、苦情のお申出その他個人情報の取扱いに関するお問い合わせは、下記の窓口までお願い致します。

名 称:アトム法律事務所弁護士法人
個人情報の保護管理者:岡野武志
住 所:〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-28 合人社東京永田町ビル9階
メール:info@atombengo.com
電 話:03-5532-1810

8. プライバシーポリシーの継続的改善および変更

当法人は、個人情報の取扱いに関する継続的な改善に努めるものとし、必要に応じて、プライバシーポリシーを変更することがあります。

重要な変更がある場合には、当サイトへの掲示など、分かりやすい方法でお知らせします。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

傷害事件のよくある相談

傷害・暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

傷害・暴行事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、24時間質問OKのLINE相談窓口を設け、無料相談を実施しています。夜間や土日も、弁護士が順次対応中。いつでもお気軽にご連絡ください。

また、弁護士との対面相談を受けることで、より具体的な解決方法を模索し、弁護活動のプランや弁護士費用について見積もりを知ることができます。弁護活動のご依頼は、明確で安心できる弁護士費用をご確認いただいた後、書面にて行います。

弁護活動の着手は、ご契約をいただいた即日から可能です。特に、被害者との示談の話し合いはタイミングが命です。早い段階で着手し、話し合いをスムーズに進めていくことが大切です。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

傷害事件のよくある相談

傷害・暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

傷害・暴行事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、24時間質問OKのLINE相談窓口を設け、無料相談を実施しています。夜間や土日も、弁護士が順次対応中。いつでもお気軽にご連絡ください。

また、弁護士との対面相談を受けることで、より具体的な解決方法を模索し、弁護活動のプランや弁護士費用について見積もりを知ることができます。弁護活動のご依頼は、明確で安心できる弁護士費用をご確認いただいた後、書面にて行います。

弁護活動の着手は、ご契約をいただいた即日から可能です。特に、被害者との示談の話し合いはタイミングが命です。早い段階で着手し、話し合いをスムーズに進めていくことが大切です。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2014 - Takeshi Okano
アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)