交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

川島彩加 | 傷害・暴行事件で逮捕されたら
逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ

川島彩加

川島彩加
川島彩加(かわしまあやか)

事故や事件は人生を一変させます。自分らしい生活や日常を取り戻すために縁の下の力持ちとなる弁護士としてお手伝いします

所属事務所 アトム法律事務所新宿支部
所属弁護士会 第二東京弁護士会
登録番号 60834
出身 埼玉県
学歴 学習院大学法学部
学習院大学法科大学院
趣味 散歩、食べ歩き、映画鑑賞
座右の銘 七転び八起き
川島彩加

自己紹介

はじめまして。弁護士の川島彩加と申します。私が弁護士になりたいと思ったのは、人の日常生活を支える仕事がしたいと思ったからです。当時通っていた学校などの影響で、人が自分らしく生きるための縁の下の力持ちになれる弁護士に魅力を感じました。交通事故などのお困りごとは、日常を一転させてしまいます。ぜひ、自分らしい生活や日常を取り戻すためのお手伝いをさせて下さい。どのように行動すればよいのか一緒に考えていきましょう。

川島彩加

刑事事件弁護への想い

法律の勉強を始めた頃に、痴漢冤罪をテーマにした映画のモデルになった弁護士のお話を聞く機会がありました。その方は、自分が疑問に思った点を解消するために納得のいくまで証拠集めに奔走したという体験談をお話していたと思います。そのようなお話を聞いて、刑事弁護の重要性を感じました。どんな事件であっても堅実に取り組んでいきたいと思っています。刑事事件でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

弁護士紹介(五十音順)

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

傷害事件のよくある相談

傷害・暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

傷害・暴行事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、24時間質問OKのLINE相談窓口を設け、無料相談を実施しています。夜間や土日も、弁護士が順次対応中。いつでもお気軽にご連絡ください。

また、弁護士との対面相談を受けることで、より具体的な解決方法を模索し、弁護活動のプランや弁護士費用について見積もりを知ることができます。弁護活動のご依頼は、明確で安心できる弁護士費用をご確認いただいた後、書面にて行います。

弁護活動の着手は、ご契約をいただいた即日から可能です。特に、被害者との示談の話し合いはタイミングが命です。早い段階で着手し、話し合いをスムーズに進めていくことが大切です。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

傷害事件のよくある相談

傷害・暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

傷害・暴行事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、24時間質問OKのLINE相談窓口を設け、無料相談を実施しています。夜間や土日も、弁護士が順次対応中。いつでもお気軽にご連絡ください。

また、弁護士との対面相談を受けることで、より具体的な解決方法を模索し、弁護活動のプランや弁護士費用について見積もりを知ることができます。弁護活動のご依頼は、明確で安心できる弁護士費用をご確認いただいた後、書面にて行います。

弁護活動の着手は、ご契約をいただいた即日から可能です。特に、被害者との示談の話し合いはタイミングが命です。早い段階で着手し、話し合いをスムーズに進めていくことが大切です。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2014 - Takeshi Okano
アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)