逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ

竹原宏征

竹原宏征
竹原宏征(たけはらひろゆき)

ひとりひとりのニーズに応じた
最良の結果が出せるよう、
共に考える弁護士でありたい。

所属事務所 アトム法律事務所北千住支部
所属弁護士会 第二東京弁護士会
登録番号 49170
出身 大阪府
学歴 関西大学法学部卒業
近畿大学法科大学院修了
趣味 盆栽、日曜大工
座右の銘 温和勤勉
竹原宏征

自己紹介

はじめまして。弁護士の竹原です。 私は、困っている方々の役に立てる職業に就きたいと思い、弁護士を志しました。 人はそれぞれ取り巻く環境も千差万別ですから、求められるニーズも異なります。 そのような困っている方々のパートナーとして、ひとりひとりのニーズに応じた最良の結果が出せるよう、共に考える弁護士でありたいと思っています。 どんな些細なことであっても不安に思っていることがあれば遠慮なくご連絡ください。

竹原宏征

刑事事件弁護への想い

刑事事件の被疑者、被告人となることは、精神的、肉体的に重い負担になることはもちろん、将来に大きな影響を与えることがあります。 私は、少しでも依頼者の方の負担を軽減し、依頼を達成することに強いやりがいを感じて仕事をしております。 弁護人は、依頼者様に対して全力で味方になれる仕事です。皆様の味方となって共に困難を乗り越えたいと思っております。お困りの際は、お気軽にご相談ください。

弁護士紹介(五十音順)

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

傷害事件のよくある相談

傷害・暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

傷害・暴行事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、24時間質問OKのLINE相談窓口を設け、無料相談を実施しています。夜間や土日も、弁護士が順次対応中。いつでもお気軽にご連絡ください。

また、弁護士との対面相談を受けることで、より具体的な解決方法を模索し、弁護活動のプランや弁護士費用について見積もりを知ることができます。弁護活動のご依頼は、明確で安心できる弁護士費用をご確認いただいた後、書面にて行います。

弁護活動の着手は、ご契約をいただいた即日から可能です。特に、被害者との示談の話し合いはタイミングが命です。早い段階で着手し、話し合いをスムーズに進めていくことが大切です。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

傷害事件のよくある相談

傷害・暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

傷害・暴行事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、24時間質問OKのLINE相談窓口を設け、無料相談を実施しています。夜間や土日も、弁護士が順次対応中。いつでもお気軽にご連絡ください。

また、弁護士との対面相談を受けることで、より具体的な解決方法を模索し、弁護活動のプランや弁護士費用について見積もりを知ることができます。弁護活動のご依頼は、明確で安心できる弁護士費用をご確認いただいた後、書面にて行います。

弁護活動の着手は、ご契約をいただいた即日から可能です。特に、被害者との示談の話し合いはタイミングが命です。早い段階で着手し、話し合いをスムーズに進めていくことが大切です。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2014 - Takeshi Okano
アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)