逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ

富澤貴浩

富澤貴浩
富澤貴浩(とみざわたかひろ)

出来ることに限りはある
だからこそ出来る限りのことを
少しでも依頼者の方のお力に

所属事務所 アトム法律事務所本社
所属弁護士会 第二東京弁護士会
登録番号 43968
出身 埼玉県
学歴 中央大学法学部卒業
中央大学法科大学院修了
趣味 音楽鑑賞、スポーツ観戦、読書
座右の銘 一意専心
富澤貴浩

自己紹介

私は、以前勤務していた法律事務所にて多くの交通事故案件を取り扱わさせていただきました。その中で、依頼者の方に感謝されることもあれば、お叱りの声を頂くこともあり、大変貴重な経験をさせて頂きました。まだまだ未熟者ではございますが、交通事故につきましては多少なりとも研鑽を積むことができたのではないかと思っております。この度、縁あって、アトム法律事務所の交通事故案件に携わることとなりました。つきましては、これまでの経験を活かしつつ、以前とは少し違った形でご依頼者のお力になれればと考えております。

富澤貴浩

刑事事件弁護への想い

刑事事件の被疑者となられてしまった方、特に身体を拘束されてしまった方の不安や孤独は計り知れないものです。ご家族やご友人と自由に、ときには一切お話や相談ができない状況で、警察や検察の取調べを受けるという、ほとんどの方がはじめての体験をすることになります。そんなときに最も力になることができる刑事弁護活動をする弁護士の責任は重大であり、その責任の重大さを認識しながら、刑事弁護活動を行っていきたいと考えております。また、当然、犯した罪は反省していかなければいけませんが、刑事事件が終了しても、被疑者となられた方の生活は続いていきます。被疑者となられた方の刑事事件終了後の生活が円滑に進むようお手伝いすることも、刑事弁護の重要な活動であると考えています。

弁護士紹介(五十音順)

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

傷害事件のよくある相談

傷害・暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

傷害・暴行事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、24時間質問OKのLINE相談窓口を設け、無料相談を実施しています。夜間や土日も、弁護士が順次対応中。いつでもお気軽にご連絡ください。

また、弁護士との対面相談を受けることで、より具体的な解決方法を模索し、弁護活動のプランや弁護士費用について見積もりを知ることができます。弁護活動のご依頼は、明確で安心できる弁護士費用をご確認いただいた後、書面にて行います。

弁護活動の着手は、ご契約をいただいた即日から可能です。特に、被害者との示談の話し合いはタイミングが命です。早い段階で着手し、話し合いをスムーズに進めていくことが大切です。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

傷害事件のよくある相談

傷害・暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

傷害・暴行事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、24時間質問OKのLINE相談窓口を設け、無料相談を実施しています。夜間や土日も、弁護士が順次対応中。いつでもお気軽にご連絡ください。

また、弁護士との対面相談を受けることで、より具体的な解決方法を模索し、弁護活動のプランや弁護士費用について見積もりを知ることができます。弁護活動のご依頼は、明確で安心できる弁護士費用をご確認いただいた後、書面にて行います。

弁護活動の着手は、ご契約をいただいた即日から可能です。特に、被害者との示談の話し合いはタイミングが命です。早い段階で着手し、話し合いをスムーズに進めていくことが大切です。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2014 - Takeshi Okano
アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)